2010年09月30日

こんな時代だからこそ!

 

ケータイを持ってませんが、何か?

頑固親父 tenchoです!

 

2・3日前にご来店頂いたお客様に

『ここに行こうと決めたのは、電話の応対が良かったから..』っと

言われました。  もう2年ぐらいご来店頂いてますが

必要以上の事をあまり聞かないので、何となく感心しましたー

引越して来てベルジュバンスを続けたいので

電話で何軒か問い合わせいしたそうですが、

他があまり印象が良くなかったそうで...

でも初めて言われましたー

 

 

実は電話の応対は東京時代に、一応ちゃんとした教育を受け

なお進化させてますので、多分何処に出しても恥ずかしくないと

思うんですが..  

だいたい常連さんにも、電話に出たのは誰といわれ、若い人を

入れたのかと思ったとかよく言われます。

声がかなり若いらしいです。

まっ何れにしろ、良いと言うんだからいいんですが。

 

 

最近、HPの引越しをしました。 その際、引越し先の会社とは

メールによる 契約確認となる訳ですが、前の会社と今月末に

契約が切れるのに、 今週までゴタゴタしてました。

どうにか数日前に契約がつながり、 無事滑り込みセーフ。 

危うくドメインを失うとこでしたー(汗)

そもそもこの一件は、新会社とのメールを送った送ってないなんて事で

ゴタゴタが起きてたんです。

結局電話でけりを付けましたが、やはり大事なことはメールとかじゃなく

せめて電話じゃないと伝わりません。 会って話すのが一番ですが。

 

 

こんなにメールでのやり取りが日常化する前から

電話の重要性には一言アル人なので、なおさら確信しました〜

我々商売人が、大切なお客様とこれからご来店するかもしれない

お客様にまず最初に掛ける言葉は、わざわざお電話を頂いた

事にたいする 感謝の気持ち。 そこからすべてが始まります。

『はい! お電話ありがとうございます  美容室アンジュで御座います。』

この第一声の応対にどのように感情を込めるかを今でも考えます。

メールの言い回しや、絵文字なんかには表現できない

本当の心が伝えられると思います。

また相手がどのように感じたかも、声の感じで察する事が出来るのも

肉声ならではと思います。

 

 

ケータイが普及して、キャンペーンやお得情報を一斉メール配信!

なんて、ドンドン便利になって良さそうですが

そんなのは、流れ作業的に大量生産してる大型店の話で

私達個人店は、昔ならでは方法でご縁あってご来店頂いた

お客様1人1人を、大切に精一杯技術・サービスでおもてなしする。

これぞ心情です。

 

 

こんな時代だからこそ、日本人の心みたいなものもいしょに

次世代につなげていきたいと思いませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by tencho at 17:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする