2011年11月15日

こだわりの道具達。


寒くなってきましたー 朝方しか日の入らない店内は、早朝のほうが室温が高く

これからの季節は、晴れ日が高くなるにつれ寒さを感じます。

ange(アンジュ)取締役什器・備品係  tenchoで御座います。

予約の緩やかな日の午前中...  つまり朝から暇な日は、道具達の整備です。ぴかぴか(新しい)

いつもは猫手(グー)も借りたいぐらいですから、中々お手入れが出来ません。

今日は珍しく時間があり、確り整備が出来ましたーわーい(嬉しい顔)

DSC01520.JPG

これはangeで取り扱うベル・ジュバンスというパーマ液に使うパーママシーン?です。

掃除はお客様に使用した後、必ずやってますが中まで開けてやるのは

めったに無いです。ぴかぴか(新しい)

DSC01537.JPG

内部は分かりやすい構造なので、各パーツの取り外して掃除するのは簡単です。るんるん

DSC01538.JPG DSC01539.JPG DSC01540.JPG

モーター部・ヒーター部・排水弁これらとその周りのチューブ内をキレイにするだけで

生き返ったように良く働いてくれます。るんるん

又、このパーママシーンと同時に使うph(ペーハー)メーター

DSC01523.JPG

パーマ液の酸とかアルカリの数値phを測定する機器。

ひらめきベル・ジュバンスはphが最重要要素なので、毎朝緩衝液で基準phを調整します。

そしてphメーターで1番デリケートな部分

DSC01524.JPG

電極部分ここは綿棒で、常にキレイに保ちます。

髪・地肌にダメージを与えないでパーマ・カラーを施術する為には

本当はこういう精密機械を用いて施す必要があるんです。


長年の勘や流行の薬剤何てものは、実は役に立ってないんですよ。



そして、どんな美容師も多分こだわるであろうシザー。ぴかぴか(新しい)

DSC01535.JPG

このシザーは、20万円以上した代物です。貧乏美容師もやる時はやります。キッパリexclamation

こだわりは値段じゃありません。

ここ3.jpg ここ2.jpg

↑左の画の様に親指をかけるので、右の画の様に親指の当たるとこをオーダーカットるんるん

ここ.jpg ここ4.jpg

↑左の画の上のリングに小指掛けがあるんですが、右の画の様にオーダーカット

7インチシザーの割には、握り手が小さい。わーい(嬉しい顔)

私にとってはベストバランスに調整してもらいましたーわーい(嬉しい顔)

このシザーも中央のネジを外せば6つのパーツに分けられ(バネ・ベアリング等)

個々に手入れが必要です。たまにはメーカーに研ぎに出す事もー

注)美容師は基本シザーの研ぎはメーカーや専門店に出します。

自分で研ぐのはベテランの理容師さん位でしょう。



まっこんなんして暇な日は過ごす事も...手(チョキ)








ひっ人を.. 斬りたい..ぃ...。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by tencho at 15:03| 福岡 ☀| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする