2012年02月17日

知らない自分


突然ですが、あなたは家族以外の他人に

どんな人間と思われてるか考えた事ありますか?

それは人それぞれ捉え方違うので、色々かと思いますが

ある程度多くの人に理解されてる自分像があって

それが、実際の自分自身とまったく違っていた場合

他人に対する言動や行動を考えないといけないなと

tenchoは考えた事があります。



他人に、あなたはこんな人だと言われる機会はめったに

無いんでしょうがー tenchoはこれまでに

『え! 俺そんな人じゃありませんが..』っと思った事がありました。



高校に入学した時。

tenchoの通った高校は、地元ではヤンチャな方が多く通われる

男女共学なのに女の子が全くいない工業高校でした。

当然その空気はよーく知っていて覚悟してたんですが

入学して2,3日たった日の休み時間。

別のクラスから同級生らしき奴が現れ...



奴『一中の〇〇ってお前か』  *喧嘩の始まりの感じ

ten『おう。何か?』       *相手になめられてはいけません。

奴『一中の番はっとたろ』    *『第一中学校の番長だったんだろう』の意

ten『知らん!』         *ホントに身に憶えが無かった

奴『おいはニ中の〇〇やけど 勝負しようや』

ten『はあ?なしかー せん!』  *方言で『え!何で しない』の意


このお誘いは、この学年(1年生)は自分が仕切る(制圧する)ので

めぼしい者は、つぶしておくという行動です。


奴『いいけん 来い!』

ten『うるさい 行かん!』

奴『じゃー ここでよかー』


チョットの間やり取りをしてて、面倒な事になったな〜

喧嘩しないといけないんだねー

もう引けないなーと思い、はらをくくった。

そしたら〜





奴『 腕相撲3回勝負。』

ten『 ... 』



ええーそれはギャグか?笑った心で笑った〜でもtenchoはこの時思った。 

良かった〜 痛い思いしないですむ〜

この一件で自分が中学校時代に番長的存在だった事を知る

今後も別の中学卒の挑戦者なるもの達が現れるのかと

心配だったが、先の奴が最強だった様で

その後敵は現れなかった。勿論腕相撲は完敗ですが何か?

他にも3つの部活の上級生から番長だったという事で

スカウトされたが、断った。

そして経験も無いのにやってみたかったバスケ部に入った。

そしたらそこでも同じ中学の先輩から番長だったとして

歓迎された。



不思議だったー  何で自分が番長って事になってたのか

中学時代を振り返っても、1度も喧嘩したした事などなかったし

元々争いごとが嫌いなので、自分が我慢する事で

その場が穏便に済めばーという風なのがホントのところの自分。



家族は自分の事をよく知ってるので、

3つ下の妹が中学校に入った時に先輩や先生から

『あなたが〇〇の妹なの』と、意味ありげにいわれたらしく

妹から『お兄ちゃん中学校の時、何しよったとー』と聞かれた事があった

勿論自由奔放に楽しい学校生活を送ってたと言いましたが

その後考えましたねー自分の中学校時代は友達も沢山いて

皆仲良くしてもらってたつもりだったが、

他人様は違う見方をしてて、色んな方に

迷惑かけてた事もあったんだろうね〜ってねー



これは、tenchoが子供だったから?

それともB型だから?

今はもう大人だからーっと言うより親父だから

ちとはましな人間になってるつもりなんですが

ひょっとして、まだ変なとこがご在ましたら

匿名で構いませんのでメールででもご指導頂ければ幸いです。



でも,皆さんも分かりませんよ〜

他人が自分の事を違った風に理解してるかも..


posted by tencho at 08:10| 福岡 ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする